スキー板のチューンナップをするメリット

スキー板のチューンナップをするメリット スキー板のチューンナップには、自分専用に改造や細かな調整をしたりといったイメージがあるかもしれません。
しかし、スキー板で行なわれるチューンナップとは、簡単に言えばお手入れのことです。
同じスキー板を使い続けていれば、滑走面に傷がつき以前のように滑ることができません。
また、エッジの角度が欠けたり丸くなってしまうために、操作性も悪くなります。
チューンナップするメリットは、滑走面やエッジを綺麗に整え、元の状態に戻せることです。
滑走面のチューンナップをすれば、一皮剥けるので傷がなくなり、新品同然の滑りになります。
大きく深い傷が滑走面にできてる場合も、補修材を使って埋めることも可能です。
エッジについても、欠けたり丸くなったりした部分を鋭角に戻せることができるので、操作性も改善します。
これまで操作しにくいと感じていたなら、自分好みに調整するとより操作しやすくなるでしょう。
スキー板をお手入れには、このようなメリットがあるのです。
しかし、自分でお手入れをするのは、専用の道具や知識が必要だったりして、素人には簡単ではありません。
確実にメリットを手に入れたいなら、専門の業者に頼んで調整をしてもらうのが良いでしょう。

スキー板のチューンナップの基礎知識

スキー板のチューンナップの基礎知識 お使いのスキー板、滑りが悪くなっていませんか。
チューンナップはいわばメンテナンス。
板の性能を最大限に引き出し、より良い滑りを楽しむために欠かせないんです。
中級者だけでなく初心者にもおすすめ。
今回はスキー板のチューンナップの基礎知識をご紹介していきます。
まず接雪面を増やすためのフラット仕上げ、板をなるべく平らにしていきます。
使用しているうちにどうしてもできてしまう傷や毛羽立ち、エッジのサビなどを綺麗にしていきます。
見た目には綺麗に見えても目に見えないゴミが付着しているんですね。
そしてお好みに合わせてエッジの角度調整やワックスを浸透させるワクシングを行っていきます。
ワックスは初心者上級者問わず行う必要のあるメンテナンスの基本。
気温だけでなく、雪温や雪質に合わせて選ぶことが肝心です。
湿気の多い日本の雪にはガリウムを含んだワックスがおすすめ。
水をよく弾き低温で固くなるガリウムは快適な滑りを実現します。
たとえ新品のスキー板でもチューンナップは必要不可欠。
上級者であれば自身で行うこともできますが、初心者はまずプロに任せてその仕上がりを体感してみましょう。
スキー板に欠かせないチューンナップでより良い滑りを実現させましょう。

スキーのチューンナップ関連リンク

こだわりのスキーをチューンナップしましょう!

スキー チューンナップ 長野